「最近体調がすぐれない」「ちょっと他人に相談するには恥ずかしい」「症状は気になるけど病院にいって診てもらうにはちょっと抵抗があるな」とお思いの方は、遠慮なくご利用ください。
聞きたいことがある方は、下の「ご質問はこちらへ」をクリックしてください。可能な範囲内でアドバイスさせていただきます。
(下記に診療中よく聞く質問の一例を御紹介します。)

最近、胸焼けがひどく、胃もしくしくと痛みます。ひどいときには、食後すっぱいものがあがってくることもあります。胃潰瘍なのか、胃がんの兆候なのかとても気になります。

おそらく、逆流性食道炎、胃酸過多の可能性が一番高く、胃酸過多の環境下では、胃炎や潰瘍を併発することも多いので痛みを伴うこともあります。胃癌はある程度進行しないと症状が出ないことが多く、今の症状から積極的に胃癌を疑うことはありませんが、胃炎を基礎に胃癌が発生することがわかっていますので、内視鏡検査等を受けることをお勧めします。

胃癌や、胃潰瘍の原因にピロリ菌が関係しているという新聞記事を読みました。胃の具合がいつも良くない私としては、一度検査をしてほしいのですが、どのような検査になるのでしょうか?

今年(2009年)、日本ヘリコバクター学界より新しい診断と治療のガイドラインが発表されました。ガイドラインが新しくなった背景の一つに、昨年、ピロリ菌と胃癌発生の関連を証明する論文が海外で発表されたことにあります。学会では、ピロリ菌感染症に対する除菌療法を、潰瘍があるなしに関わらず、推奨度Aと位置づけています。胃の具合が悪いようであれば、内視鏡検査を受け、ピロリ菌の検査(胃粘膜を検査する方法、血液、便、呼気を調べる方法等数種類あります)でピロリ菌の有無を調べることをお勧めします。 但し、胃潰瘍・十二指腸潰瘍以外は保険外になりますので、直接医療機関に費用を確認することをお勧めします。

最近、おなかが張って、よくガスも出ます。女性なので恥ずかしくなかなか相談できません。どちらかといえば便秘がちですが、どこか悪いのでしょうか?

おならは、口から飲み込んだ空気と腸内で細菌により産生されたガスで形成されています。まず、においが強いかどうかで対処法が変わってきます。 においが強いようであれば、便秘の影響や食生活により悪玉菌が腸内で勢力を伸ばして悪さをしていますので、善玉菌を増やす治療や食生活をすれば症状は改善します。 においが強くないようであれば、呑気症といって、空気を無意識に飲み込んでいるのが原因です。様々な原因が考えられますので(鼻炎、顎関節症、歯の病気や噛み合せの悪さ、ストレス、食習慣等々)まず、何が原因なのかを突き止めるとともに、便秘を解消し、ガスを除去する治療をすれば改善します。 一度、消化器専門の病院で相談されることをお勧めします。

健康診断で便潜血を指摘されました。痔のせいではないかと思いたいのですが、検査したほうがいいのでしょうか?

大腸癌でも、ある程度進行しないと便潜血陽性にはなりませんし、ポリープや早期癌ではほとんど潜血陽性になりません。痔のある人は腸内環境が悪いことも多く、便潜血検査は痔の人を拾い上げて検査していると思ってください。大腸癌は近年急激に増えており、一度でも便潜血陽性になった方は、大腸内視鏡検査を受けてください。

大腸内視鏡検査を受けました。2ミリのポリープがあり、しばらく様子を見ましょうといわれました。すぐに切除するのはまずいのでしょうか?
現在は、外来でも内視鏡でポリープを切除できるようになりましたが、頻度は少ないものの、穿孔(腸の壁に穴が開くことで、開腹手術が必要になることもあります)、出血といった合併症が起こる可能性があります。形の悪いポリープや内視鏡で切除できると判断されたポリープは積極的に切除しますが、腫瘍成分の入っていないポリープは、メリット、デメリットを考えた時に、明らかに切除するメリットがありませんし、切除する必要性がないので経過観察をするように言われたのだと思います。但し、大腸のポリープは経過中に顔つきが変わることもありますので、主治医の先生の指示に従って定期的に検査を受けてください。

平野クリニックに関する質問への回答

平野クリニックでは、健康が最優先事項です。 私たちが設立されて以来、私たちは常に、患者の健康と健康のために、すべてのことを行うようにしています。

最善を尽くしていただけない場合は、医療施設にお持ち込みいただき、すぐに検査を受けられる専門の医師や看護師の治療を受けることができます。 それらにあなたの医学の歴史を知らせることによっていかに感じるか、またそれらに言うことによって、それらはできるとすぐによりよく感じることを有することができる。

他の診療所や病院と同様に、毎日多くの問い合わせが寄せられています。 一部の質問は互いによく似ているため、それぞれの質問を集めて回答することにしました。 このような質問には、 1 つずつ回答する際に、よくある質問を読み、それを読んでください。 

一般的な質問 

ここでは、当社、当社のサービス、および当社の施設に関する回答を提供します。 以下の質問をチェックすることで、当社のクリニックについてより深く理解していただけるようになります。

クリニックで使用可能な医療機器は何ですか?

ここでは、ラボのニーズに応えるためのあらゆる設備をご用意しています。 血液サンプルを採取し、血圧を測定するために利用できる典型的なもの以外にも、当社には他にもいくつかのものがあります。

すなわち、胃のための胃スコープ、結腸のための大腸内視鏡、腹部を点検する腹部超音波、骨を点検するための X 線、あなたの体のある断面積イメージを取るための CT スキャン、あなたの器官およびティッシュの詳細なイメージを作り出すための MRI 、 また、フラクチャされた場合に役立つ RI スキャンもあります。 

ワクチンを持っていますか?

はい、ここの診療所では、あなたとあなたの赤ちゃんのために数種類のワクチンを用意しています。 ここにある種のワクチンは、 A 型肝炎、 B 型肝炎、インフルエンザ、鎌状赤血球症、日本脳炎、麻疹、破傷風などです。 

どのような医療サービスを提供していますか?

検査以外にも、結腸内視鏡検査、パルス波速度解析、心電図、肺機能検査、聴覚測定、コンピュータ断層撮影スキャン、磁気共鳴画像法、ワクチンなどを提供しています。

私は医師です。 チームの一員になれますか?

もちろんです。 私達の求人については、 Clinic Hirano でお問い合わせください。 フルタイムの求人とパートタイムの求人があります。 給与に関しては、与えられたタスクと、与えられるパフォーマンスに依存します。

当社との連携にご関心をお持ちの方は、以下の特徴をご確認ください。 理想的には、優れたコミュニケーター、多機能、共感、感情的に安定した、健康的、力強い、細部にまで配慮した、柔軟な人格、理解、そして何よりも正直な態度を期待しています。

健康になるためのヒントはありますか?

簡単な咳および風邪は天候のために、特に容易に得ることができる。 まだ、健康なボディを有することを保障することによって簡単な病気を得ることを避けるかもしれない。

健康を保つために、 1 日に少なくとも 8 杯の水を飲み、十分な睡眠を取って、果物や野菜などの栄養価の高い食品を食べることを強くお勧めします。 またあなたの体に得ることからの表面細菌を減すために石鹸とのあなたの手を頻繁に洗浄したいと思う場合もある。 それ以外にも、身体を生きた状態に保ち、活動的にするための演習を行うことをお勧めします。 適切な衛生、練習および食事療法によって、より多くの適合になり、病気に免疫がある本当らしい。 

予約はできますか?

間違いなく! お電話または訪問して、お客様の重要な詳細情報をお知らせください。 ワクチン注射を楽しみにしている場合は、希望するスケジュールの 3 日前までに、事前にご連絡ください。

その他のサービスについては、予約されたスケジュールをご用意しておりますので、ご到着時に予約時間を設定し、優先順位を設定することができます。 ご予約時にお知らせいただいた情報を、お客様から提供させていただきます。

  • 氏名
  • 誕生日
  • 住所を入力してください
  • 連絡先番号
  • 現在の保険情報
  • あなたの好まれた医者 *
  • 希望するスケジュール
  • 予約の目的

医学的な質問

健康状態に関するお問い合わせをいただきました。 患者の匿名性を維持しながら、患者の症状を心配する必要がないよう、患者の症状の一部を共感できるものにしてほしいと考えています。

私は時々痛む好みを発生させる重度の胸焼けおよび胃痛を有する。 これは胃潰瘍または癌の徴候であるか。

逆流性食道炎および高酸性度を有する可能性が高いと考えられ、高酸性度、胃炎、潰瘍が伴う環境では、痛みを伴うことが多い。 胃がんはある程度まで進行しない限り症状を示しないことが多い。 現在の症状から胃がんが疑われることはないが、胃炎を基礎に胃がんが発症することは知られている。 そのため、内視鏡検査または同様の検査を受けることをお勧めします。

H. ピロリが胃癌と潰瘍を引き起こすことを見た。 胃が悪く、チェックしたい。 どのようなテストを受ける必要がありますか?

2009 年、日本のヘリコバクター大学は新しい診断・治療ガイドラインを発表しました。 今回のガイドラインの背景には、昨年、 H. ピロリと胃癌の関係を証明する論文が海外で発表されたことがある。

潰瘍の有無にかかわらず、学術社会では H. ピロリ感染症の根絶療法を勧告レベル A として位置付けている。 胃に具合が悪いと感じたら、内視鏡を持ち、 H. ピロリ検査によって H. ピロリをチェックする(胃粘膜検査、血液検査、便検査、呼吸検査などのタイプがある)。

お薦めのホテル。 ただし、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を除いて保険の対象外であるため、医療機関に直接費用を確認することをお勧めします。

私は頻繁にガスをたくさんおよび私はそれについて非常に当惑している。 私と何か問題があるのですか。 

このファートワークは、口に吸い込まれた空気と腸内の細菌が作り出すガスによって作られます。 まず、においが強いかどうかによって、対処方法が変わります。 臭いが強い場合、便秘や食習慣の影響で腸内に悪臭が発生し、有効な細菌の数や食習慣を増やすことで症状が改善することがあります。 臭いが強いようでない場合、無意識に空気を飲み込んだと言われます。

原因はさまざまである(鼻炎、一時性障害、歯科疾患、口臭、ストレス、食習慣など) 最初に、私達は原因がであるものを調べ、便秘を除去し、ガスを取除く。 それはすると改良する。 消化器系の専門病院に一度相談することをお勧めします。

身体検査で、便潜血があることがわかった。 痔核のせいなのかどうかはわからない。 確認する必要がありますか?

結腸直腸癌であっても、便潜血はある程度まで進行しなければ陽性にならず、ポリープや早期癌ではほとんど陽性になることはない。 痔 の人々に頻繁に悪い腸環境がある、従ってテストのための 痔 が付いている人を取るように 便潜 の血のテストについて考えなさい。 結腸直腸癌は近年急速に増加しており、陽性の潜血検査を受けたことのある人は結腸内視鏡検査を受けるべきである。

私は結腸鏡検査を受けた。 2mm のポリープがあったので、しばらくはそれを見るように言われました。 すぐに削除するのは悪いことですか?

最近では、外来診療所でもポリープを内視鏡的に切除することができます。 まれに、出血や穿孔(腹腔切開が必要な腸壁の開口)などの合併症が発生することがある。 内視鏡的に切除可能と判断された下形のポリープやポリープは積極的に除去されるが、腫瘍成分を含まないポリープは、長所と短所を考慮すると明らかにメリットがない。 削除する必要がないので、目を離さないように言われたと思います。 但し、大きい腸の多剤は処置の間に表面を変えるかもしれない従ってあなたの医者の指示に従って規則的に検査してもらう。

お問い合わせください

さらに質問がありますか? ご自由にご訪問ください。メッセージを送信したり、お電話をいただいたりしても、ご自由にご利用いただけます。 医療上の問題をお聞かせください。当社の専門知識がお客様のニーズにお応えします。

  • 住所:千葉県成田市土屋棟 170 番地
  • ランドマーク:イオンショッピングセンターの左側に位置している

営業時間:午前 9 時 ~ 午後 6 時,  月曜日、木曜日、金曜日

  • 電子メールアドレス: n_hirano@d7.dion.ne.jp
  • 電話番号: 0476-23-8070
  • ファックス: 0476-23-8071

 

診療のご案内 | 休診のご案内 スタッフ紹介 | フォトギャラリー 医療Q&A; | 求人のご案内 |
このページに関するご意見・ご感想をこちらまでお寄せください。 n_hirano@d7.dion.ne.jp

Theme: Overlay by Kaira